おすすめのゴルフスクールはこちら

3パットしないようになるパターの4つの打ち方と練習のコツ

「パターを制するものはゴルフを制する」という言葉がある位、ゴルフで良いスコアを出すためには、パターでいかにスコアを縮めるかが鍵になっています。

パターは”転がすだけ”と思っている初心者さんも多いですが、実はパターは他のクラブよりもすごく先生で難しいクラブです。

もし間違ったパターの打ち方をしていると、入るはずだったボールがカップ(目標の穴)に入らなかったり予想以上にオーバーしてしまったり…短く打ってしまったり…と全く安定しません。

「なんでこの短いのを外してしまったんだろう…」「ここさえミスしなければ…」と後悔してからでは遅いです!パターを使う上でのコツを知り、距離の感覚を身につけることでスコアはグーッと良くなり初心者さんでも「楽しい!」と思えるようなゴルフができるようになります。

今回は、そんなパターを上手に打つための4つのコツと、上達するための練習法とコツをご紹介します!!とっても簡単な方法で、誰でもすぐに実践できるものばかりですので是非参考にしてください!

基本的な打ち方4つのポイント

パターを「1番簡単なクラブ」と思っている初心者さんも多いのではないでしょうか?

私は、パターは1番難しいクラブだと思っています。それは、このクラブによってスコアの良し悪しが大きく変わってくるからです。

もちろんパターだけがスコアに影響するわけではありませんが、思い通りにボールを転がすことや力を加えることはとても難しいことです。

たった1cmでも1打、20cm転がしても1打…パターはそんな奥深さをもっています。できることならパターを使う回数を増やしたい…誰もが思うことだと思います。

そんな重要なクラブであるパターを上達するために必要不可欠なコツを

  • 握り方(持ち方)
  • 構え方
  • ボールの位置
  • 打ち方(スイング)

の4点にわけてご紹介します!

まず、この4点を覚え基本的なパターの打ち方と方向の出し方をマスターしましょう!!

握り方(持ち方):基本的な握り方「逆オーバーラッピング」で握る

他のクラブと比べて、パターの握り方は特に定まった握り方がなく自分がしっくりくる握り方で持つ人が多いです。

握り方は自由ではありますが、多くの人が使っている握り方は大きく3種類あります。

  • 逆オーバーラッピング(リバースオーバーラッピング)
    「基本型・距離感を安定させることができる」
    握り方:左の人差し指が右の小指の上に来るように握る(左利きの場合反対)
  • クロスハンド
    「右手首を動かさないようにできるので、方向性を操作しやすい(ラインが出しやすい)」
    握り方:他クラブでの握り方の左右逆にする。右手がグリップ端側にし、その下に左手が来るように握る(左利きの場合は反対)
  • クロー
    「余計な力が入らないのでしっかりパターの重さを使って打てる」
    握り方:右手がペンを握るような握り方になる

です。文字だけでは分かりづらいと思いますので、下の写真で違いを確認してください♪

【写真】

初心者さんがパターを握る時は、「逆オーバーラッピング」という握り方がオススメです。これは、パターの握り方の基本形となる握り方で、握ったときの違和感もなく距離感や感覚が1番出しやすい握り方です!

繊細な感覚が必要な、パターだからこそこの握り方が1番分かりやすく安定できます。よく、ドライバーやアイアンは、オーバーラッピングという握り方で握っていますが、重ねている指が逆になっているのがこの「逆オーバーラッピング」です。

逆オーバーラッピングの正しい握り方をご紹介します。
(右利きの場合なので左利きの方は左右逆にしてください)

【写真】

  1. 左手の小指・薬指・中指の順で握ります。
  2. 左手の親指はグリップの中心よりもやや右になるように乗せます。この時親指はグリップに並行になるように置いてください。
  3. 人差し指以外の左手の指がにぎれたら、右手は横から添えるように握ります。この時左手の親指を包み込むように握ってください。
  4. 右手が握り終わったら、左手の人指し指を右手の薬指または小指にかぶせるように握ります。

これが逆オーバーラッピングの握り方です。

基本的なパターの握り方になりますので、是非覚えてくださいね♪

構え方:「ハンドファースト」に構え、お尻を突き出すように前傾姿勢

パターは、「ハンドファースト」と呼ばれている構え方で構えます。

ハンドファーストは、握っているグリップ部の先端(グリップエンド)を左足付け根の中心に傾け、左腕とシャフト(柄)が一直線になるように構えることをいいます。

ただ、他のクラブのハンドファーストに比べるとパターの場合は”ややハンドファースト”という言葉が正しいです。ボールを打つときには、このハンドファーストが解消されてることが多いからです。

ハンドファーストにかまえることが出来たら、続いては前傾姿勢になります。この時に、猫背にならないように気をつけてください♪足の幅は、拳2.5〜3個位が入る幅で十分です!!

猫背にならないコツは、おしりを少し突き出すイメージで腰をまげずに前かがみになること。こうすることで、パターの時は美しい姿勢を作ることができます♪

ボールの位置:身体の中心に置く

続いてボールの位置についてですが、パターは基本見下ろした時に真下にボールがあるのが理想的な位置になります。そのため、身体の中心にボールを置くようにしましょう。

中心よりも右に置いてしまった場合は、力が十分に伝わらなかったり…左に置いてしまった場合は、左に打ち出してしまったりと安定しづらくなってしまいます。

そのため、パターで1番安定して打て、なおかつ打ちやすいボールの位置は真ん中となります。

打ち方(スイング):手と両肩の三角形を崩さない振り子のように振る

パターの打ち方は、既にご存知の方もいるかと思いますが…ドライバーやアイアンの時と違います!!

クラブを目一杯振るものでもないですし、体重移動も必要ありません。なんなら身体の回転運動もいりません!

まっすぐ打ち出したい方向に転がすためには、上半身を固定して打つことが理想です。簡単に言うと、箒で掃くような感覚です。パタークラブを握っている手と両肩の三角形を崩さないように振りましょう。

またボールは「カツン!」と打たずに、”クラブ上げた分だけ押し出す”といった左右対称の振り子をイメージして打つようにしてください!

距離感がよくなり上達するためのコツと練習法

パターは、距離感をあわせるのが大事なクラブになります。

目標としているカップ(ボールを入れる穴)よりもオーバー過ぎてもカップ縁を掠めて超えていってしまいますし、ショートだったらそもそも入りません。

パターを使うグリーン上は、決して平坦な地形ではないため傾斜や芝の生えている向きまで考えて、ボールを打つ強さを調整します。

こういった感覚は、何度も何度も練習して備わってくるものなので簡単にできるものではないと諦めている初心者さんも多いですが、練習の仕方さえ知っていれば簡単に上達ができます!

このパートでは距離感を掴むためのコツと練習法をお伝えします!是非日々の練習にとりいれてみてください♪

コツ:振り幅で距離感を掴む!上げたら上げた分だけ下ろす!

初心者さんに限らず、多くの人が間違うポイントですがパターはボールを打つ瞬間に”パチン”と力をいれて打つクラブではありません。

パターは、クラブを振ったときの振り子の幅によって距離を調整しなければなりません。

そのため、「パターを◯センチ位上げると、このくらい転がるんだな…」というように振り幅によっての転がる距離を頭にインプットするのがパターを上達するときの鍵となります。

例えば、「5歩分の長さを出したい時は、自分の身体の幅位の振り幅で大丈夫だな」と覚えておくと、いざその5歩分の長さが来た時にどこくらいで打つべきかが即座に分かります。

最初に言ったように”パチン”と力を加えてしまうと、感覚の勝負になってくるのでどのくらいの力で打ったのか覚えておくのが難しくなります。

クラブを上げた分だけ、ボールを押し出してあげる…と振り幅で距離感を掴む練習を行うと早く上達ができるようになります!!

家での練習法:パターマットや絨毯でまっすぐ打ち出す練習を何度もする

パター練習は、パター練習用のマットを購入し家の中で行います。もし、家に絨毯があって、歪みなどがないのであれば絨毯の上でもOKです♪
家の中でなくても、練習場によっては入り口にマットを用意していることもあります。打ちっぱなし練習のあとにパター練習することも可能です!

マットで練習する場合は、人工芝のため芝の向きや傾斜はあまり関係ありません。なのでまっすぐ目標方向にボールを打ち出すことが出来るかチェックしながら練習をします!

意外と真っ直ぐボールを打ち出すことは難しいです。その時は、振り子のような振り方をイメージして、手打ちでボールを”パチン”と弾かないように注意してください。これをまっすぐ打てるようになるまで、ずっと打ち続けます。

永遠とやるのは飽きてしまう…という人は、毎日10分だけでもやると感覚がついてくるので毎日10分のパタートレーニングを行ないましょう!!

コースでの練習法:四方八方から傾きや芝の向きなどを意識しながら練習する

コース前は、ゴルフ場に設置されている”練習グリーン”で練習をしましょう!!

家で練習していた時と違い、天然芝と自然の状況(雨や朝露など)によりボールの転がり方に変化があります。特に傾斜や芝の向きはボールが曲がってしまうので、打ち出したらこのくらい曲がるという感覚をつかむようにしましょう!

芝に水が含まれている場合は、いつもより転がりにくくなります。少しオーバー目に打つことを注意しながら練習するようにしましょう。(雨が止んだ時や朝露の場合、昼には乾くので状況に合わせて打つ力は変えます。)

コースに出る前にやりたい練習は、

  • カップから歩幅1歩分距離のあるボールを、カップに入れる練習(カップの四方分)
  • カップから歩幅5歩分距離のあるボールを、カップに入れる練習(カップの四方分)
  • カップから歩幅10歩分距離のあるボールを、カップに入れる練習(カップの四方分)
  • 傾斜があるところから、カップにボールを入れる練習

これをしておくと、色んな状況に対応出来るパッティング力が付きます!

パターは、”習うより慣れろ”なので色々な方向から試しに打って感覚と距離感を覚える必要がありますので是非パター練習出来る時間を沢山持てるように余裕をもってゴルフ場にいきましょう。

オススメのレッスン動画3選〜パター編〜

パターの打ち方やパター練習について色々お伝えしてきましたが、動画をみると更に理解が深まります。あなたも「動画でみたほうが分かりやすい!」と思っていると思います。

このパートでは、私が数ある動画の中から初心者さんにも分かりやすくパターの打ち方を説明してくれている動画をご紹介します!ミスをしないために注意点を教えてくれている動画もあるので、必要に応じてみてみてください♪

基本的な打ち方を分かりやすく説明してくれている【ゴルフレッスン動画ティーチングプロ坂本龍楠】

今回記事に書いたことを分かりやすく動画で教えてくれているのが、坂本プロの動画です!
基本となる持ち方や打ち方を初心者さんにも分かりやすい言葉で教えてくれています!!

正しい打ち方だけではなく、注意点もしっかり教えてくれるのでコースに出る前に見直しのために見る!っていう方も多いようです♪
是非参考にしてください!!

短い距離の引っ掛けが怖い…という方は、【MIURA CLUB】

短い距離を外す原因の多くは、引っ掛けという左に打ち出してしまうこと。そんな引っ掛けの克服法を教えてくれるのが、MIURA CLUBの動画です。

このチャンネルでは、他のゴルフチャンネルよりもパターに関する動画数が多く初心者さんや中級者さんのお手本となるものばかりです。

私としても特にオススメなゴルフチャンネルになりますので、是非色々な動画をみてみてください♪

応用編!プロがみんなやっている練習法【全力!桃子チャンネル】

パターで”パチン”と打つことをなくしたい!という方にオススメなのが、この動画です。
賞金女王にもなった上田桃子さんが、パンチショットをなくしパターの振り子によってしっかり距離感を出す方法を教えてくれています。

コインとパターがあれば、どこでも出来る練習法になりますので、是非参考にして自宅でもコース前にでも練習してください♪

まとめ

今回はパターの打ち方をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

初心者さんに知ってもらいたいパターの打ち方の基本は

  • グリップは「逆オーバーラッピング」で握る
  • クラブの柄と左腕がまっすぐになるように構え、お尻を突き出すイメージで前傾姿勢をする
  • ボールの位置は中央!目で下を見た時に真下にボールがあるようにする
  • 手と両肩の三角形を崩さない振り子のように振る

の4つのポイントをおさえるようにしましょう!

また距離感を掴むためのコツと練習法ですが、

  • ボールを打つ時に”パチン”と力を加えるのではなく、振り幅で距離を把握する
  • 家で練習するときは、まっすぐ打ち出す練習をする(出来れば毎日10分)
  • コース前は、カップの四方からボールを打つ練習をする(傾斜や芝の向きの影響を感じ取る)

となりますので是非練習時は意識してやってくださいね!!

それでも、文章だけではわからない…どうしよう…という方は、【MIURA CLUB】のパター関連動画がすごく為になるので是非御覧ください!!

「ドライバー〜パターまで全てうまくなりたい!」「とにかく早く上達したい!」という方は、芸能人が次々とダイエット成功しているライザップが行っている、ゴルフスクールがオススメです♪
お試しがお得で満足度も高いので、是非1度いってみてください!

【ライザップゴルフ】

パターが気持ちよく入る日は、気分もスコアも晴れやか!ショットはまだ安定しなくても、パターで巻き返す!といったプレースタイルもできるので是非この記事でパターが得意になってくれたら嬉しいです☆

レッツエンジョイゴルフ♪