おすすめのゴルフスクールはこちら

ゴルフって痩せる?効率的にダイエット出来る5つの方法

「よしダイエットしよう!」と思って、痩せる方法としてゴルフを選択する人は少ないと思います。
もちろん本気で痩せようと思ったら、ゴルフ以外に良いスポーツは山ほどあります。

しかし、相当の意思がないとダイエットって長続きしませんよね…。
ゴルフは、ダイエットの為にするというよりは楽しいから続けやすく、その継続の先に”痩せた”という結果を獲得することが出来ます。

このページでは、見に来て下さったあなたの為に通常のゴルフ練習よりも”ダイエット効果”が期待出来、なおかつ”ゴルフの上達”も出来る練習方法をシーンに合わせてご紹介致します。

そもそも本当に痩せるのか?

「ゴルフで痩せるなんてウソ」と言う人も多く、「本当に痩せるのか?」と疑問を感じていることでしょう。
ゴルフで痩せない人の典型的な理由として挙げられているのは次の2つ。

  • 正しいスイングが出来ていない。
  • ゴルフ後に暴飲暴食をしてしまっている。

中でも2つ目の理由で痩せていない人が大半です。
ゴルフ後のビールは美味しいから気持ちは分かりますが…。
正しいスイングが出来、暴飲暴食さえ気をつければダイエットとして期待が出来るスポーツです。

ここでは、なぜゴルフで痩せることが可能なのかを紹介致します。

苦痛を感じずカロリーが消費出来ちゃう!

ゴルフを行う環境にもよりますが、ゴルフは意外と消費カロリーが高いスポーツといえます。

例えば、打ちっぱなしに行き1時間みっちり練習をすると約250キロカロリー消費が出来ます。250キロカロリーの運動量…ピンと来ませんよね。簡単に説明すると、「階段を1時間登り続けるのを同じカロリー」です。1時間階段を登り続けるのと、打ちっぱなしでボールを1時間打つのどちらが良いですか?

また、コースにいくと消費カロリーは最大1200キロカロリーにもなります。これは、2時間ジョギングをし続けるのと同じ消費カロリーです。
2時間ジョギングをし続けるのと、ゴルフコースで遊ぶのではどちらが楽でしょうか。

このように、他スポーツでは少しつらいな…と感じることでもゴルフでは楽しみながら運動を続けることが出来ます。
ダイエットが3日坊主の方も、ゴルフでの運動なら趣味の一環として続けられそうじゃないですか?

落ちにくい二の腕とお腹がスッキリ!

ゴルフをしていて、ダイエット効果が期待出来る体の部位は”二の腕”と”お腹”です。
この2箇所はダイエットをしていても、落ちにくい部分ですよね。

二の腕は、ゴルフクラブを振る動作だけで細くなることが出来ます。
コースにいくと、上級者でもクラブを80〜90回振ることになります。ある程度重みのあるもの持って腕を何度も振ることってありますか?これだけでも良い筋トレになりそうですよね。

お腹回りに関しては、腰回りを捻ったり伸ばしたりしながらボールを打つため、自然にお腹の筋肉に力がはいりウエストラインが出来てきます。
ただし、正しいフォームでスイングをしなければお腹の筋肉は鍛えられませんので注意が必要です。

どちらに関しても、普段の生活では行わないような動作をすることによって筋肉が鍛えられます。筋肉が増えると脂肪も燃焼しやすくなります。
またゴルフはバランス感覚も必要なため、体幹が鍛えられて更に痩せやすい体を目指せるのです。

特に女性で美しいボディラインを手に入れたい方や男性でメタボリックシンドロームで悩んでいる方には、是非やってもらいたいスポーツと言えます。

【素振り】で意識したい2つのポイント

健康のためにゴルフを続けるのであれば、更にダイエットとして効果的な方法があったら嬉しいですよね。そして、その方法がゴルフ上達にもつながるとしたら、やらない理由がないですね…!

ここでは、自宅や公園などで出来る「素振り」での練習方法をご紹介します。
その練習法を意識をするだけで、効率的に苦労をせず体が鍛えられます。

ゆっくりスイングをする

まずは、ゆっくりと腕の位置を意識しながらクラブを持ち上げていきます。その時に、手首だけでクラブを持ち上げないように気をつけて下さい。右の二の腕がプルプルとしたら、正しいバックスイングが出来ている証拠です。(左利きの方は反対の腕です。)

クラブを下ろす時は、クラブの通り道を意識しながらフォロースイングをしていきましょう。フォロースイングは左腕の力でクラブを下ろしてきます。こちらも正しいフォロースイングができていれば左腕に力が入っていることが自分でわかります。

最終的にスイングを、時計の振り子のようにブンブンと繰り返し行います。一度止めてスタンスから行うよりも、こちらのほうが腕への負担がかかりますし二の腕にある余計な肉が震えて肉が落ちやすくなります。

また更に効果的に鍛えたい方は、片手だけでクラブを握ってスイングをすることもおすすめです。
その場合、あまりやりすぎるとムキムキになっちゃいますので注意してくださいね。
「ちょっとつらくなってきたなぁ」と思ったら止めて下さい。

片足だけで素振りをする

次に片足だけで立って素振りを行います。ゆっくりではなくいつも通りの速さでスイングをして下さい。
このトレーニングで、バランスを取るための体幹を鍛えたり体の歪みなどを直していきます。実は、お尻の筋肉も鍛えられるのでヒップアップにも効果的です。

やり方はすごく簡単です。片足でたって、もう片方の足を地面に付けずにフルスイングを行うこと。
片方だけやっても左右のバランスが悪くなってしまうので、必ず1スイング毎にあげる足を交換して下さい。また、フルスイングの時に肩を下げないように気をつけて下さい。

もし、フルスイングが難しいという方は慣れるまでハーフスイングで大丈夫ですよ。
徐々にクラブの振る幅を広くしていくと、上手に片足素振りが出来ると思います。
これはタオル素振りでも効果的な方法です。

このトレーニングではバランスの良い体を手に入れられると同時に、飛距離も伸ばせるようになります。
バランス感覚がよくなると、正しい体重移動が出来るようになるのです。

【打ちっぱなし】で効果をアップさせる2つのポイント

続いてご紹介するのは、「打ちっぱなし」の際に効果的なポイントです。

ダイエットの最大の敵は何だと思いますか?
それは「ストレス」です。ストレスが貯まると、血流が悪くなり痩せにくい体になります。
また、過度なストレスは暴飲暴食を促進させます。

そんな時に、打ちっぱなしで”パンッ!”と気持ちよくクラブを振り、ボールを当てるとストレス発散になります。ムカムカしている時は、力いっぱいボールを遠くに飛ばしてみると予想していた以上に気持ちよく心がスッキリします。

「折角ストレス発散をして、痩せやすい体になってるんだから効果的にダイエットする方法が知りたい」というあなたにオススメの効果アップ法があるのでご紹介致します。

朝食前に打ちっぱなしに行く

もし朝から運動することが可能なのであれば、朝食前に打ちっぱなしに行くのをオススメします。
実は最近、早朝から営業を始めている練習場が増えてきました。
朝から打ちっぱなしにいくことによってのメリットが何個かあります。

  • 消費カロリーが通常よりも20%アップする
  • 基礎代謝が10%アップする
  • 人が少ないので人目を気にせず練習が出来る
  • 夏場は気温がそこまで高くないので運動しやすい
  • 入場料やボール使用料が安い

特に、消費カロリーと基礎代謝がアップするのは非常に嬉しいですね。
また、早寝早起はダイエットの基本ですし朝に運動をすると、酸素がたっぷりと脳に供給されるので集中力や思考力がアップします。仕事のパフォーマンスが上がるのも大きなメリットですね。

1時間120球目安にボールを打つ

打ちっぱなしにいって、ダラダラと打っていても何もよくなりません。だからといって、なにも考えずにボールを打っても変な打ち癖がついてしまったりと上達につながりません。

「どのくらいのペースが理想なの?」という疑問が出た場合、覚えておいてほしいのは”1時間=120球”という目安です。1分あたり2球のペースですね。

効果的に上達するだけではなく、考えて修正しながら打つことによって正しいスイングで終始打つことができ運動量としても高くなります。
あまり考える時間が長くても休憩をしているペースになってしまうので、30秒に1回はボールを打つ感覚で打ちっぱなしを行って下さい。

ちなみに、1球フルスイングした時に消費出来るカロリーは約2キロカロリー。100球であれば200キロカロリーです。その為、沢山カロリーを消費したい場合は1時間180〜200球打ってみても良いと思います。
しかし、球数を増やす場合は必ずスイングが固まった時にしてください。

【コースラウンド】で痩せる為の最大のポイント

ゴルフの中でも1番の運動量になるのが、コースに出ることです。
ゴルフコースは、基本1ラウンド18ホールで構成されており、その全体の距離は約7000ヤード(6.4キロ)になります。

普段の生活で6〜7キロ歩くって決して楽ではありませんよね。
しかしゴルフでは、苦痛と思わずにその距離を歩くことが出来ちゃいます。
ゲームをしながら、ウォーキングも出来るスポーツはゴルフ以外にはありません。

ちなみに1時間程度でゲームが出来るショートコースに出向く場合は、距離が異なります。
9ホールで構成されており、全体の距離は長くても1000ヤード(0.9キロ)程です。
同じゴルフコースだからといって、ショートコースにいっても理想の運動量にはなりませんので注意してください!

カートは使わずにとにかく歩く

ゴルフコースでの過ごし方によって、消費カロリーに雲泥の差が出てきます。
近年、ほとんどのゴルフ場は利用者を円滑に動かすためにカートを導入しています。
しかし、ぶっちゃけた話カートを利用しても歩いても時間はほとんど変わりません。

折角コースに来たからには、カートに乗るのではなく自然を感じながら歩くことをオススメします。
カートに乘った場合と歩いた場合の消費カロリーの差は下記の通りです。

  • カートに乘った場合:700キロカロリー
  • 歩いて回った場合:1500キロカロリー

「え、2倍以上も違うの!?」と思いませんか?
もちろん、体重によって消費カロリーは異なりますが、上記は50キロ女性の場合。それよりも体重が重ければ消費カロリーはもっと高くなります。

同じ時間を過ごすのであれば、消費カロリーが高い方が良いですよね。
また、歩くことによってOB付近のロストボールを見つける可能性も高くなります。決して安くないゴルフボールが”タダ”でゲット出来るチャンスです。

また、歩く時も姿勢や歩き方を注意すれば消費カロリーが高くなりますので是非そちらも意識して効率よくダイエットをしてみてください♪

ゴルフで痩せた人の声

実際にダイエット目的で始めていないけれど、結果的に「痩せた!」という方は少なくはありません。

レッスンで3時間みっちりと練習したので、むくみの原因の余計な水分などが抜けて大幅な体重減につながったのですね…!夏はただでさえ暑いですからね…

実際に、腰やお腹が筋肉痛になる方は多いです。筋肉痛になるということは、普段使われていない筋肉がしっかり使われていたということになるので、継続的に行うことでウエストラインが変わってきそうですね。

実際にこんな方も…

このように美しいくびれが出来た方もいるそうです!本当に美しいウエストラインですね…。
「え、私も気合い入れて頑張ろうかな…」と思ってしまう美しいウエストラインです。

実際に、アイドルやモデルさんも体型キープや美しいボディラインを作るのにゴルフを始める方が多いみたいです!
私も素敵なボディラインを目指して、毎日素振りを行ってみます!

まとめ

今回は、ゴルフのダイエット効果についてと更に効果がアップ出来る練習法をご紹介いたしましたがいかがでしたでしょうか?

もちろん、本来の目的はダイエットではなくゴルフのスコアを縮めることが1番ですが…欲を言えば「楽しみながら痩せれる!」がうれしいですよね。

ダイエットがいつも長く続かない方や運動が嫌いな方には、ゴルフは健康やダイエットの為にピッタリのスポーツと言えます。
”ゴルフは痩せるはウソ”を跳ね返すような成功体験談がどんどん増えて、更にゴルフ人口が増えると良いですね!

レッツエンジョイゴルフ♪