おすすめのゴルフスクールはこちら

初めてゴルフ練習場にいく初心者の方必見!打ちっぱなしが楽しくなる手順とコツ

ゴルフを始めるきっかけが何にせよ、いきなりゴルフコースに行く人はいません。
コースに行く前に必ず行きたい場所と言えば、”打ちっぱなし”。

打ちっぱなしといっても様々な種類があり、自分に合った練習場を見つけるのは難しいです。また、最初の頃は思うようにボールに当たらず反復行動が苦痛にも思います。その結果、「打ちっぱなし前はワクワクしていたのに、行ってみたらそこまで楽しくなかった…」と感じる人も…。

そんな思いをしたくないあなたの為に、今回は打ちっぱなしがどういうもので、初心者でも楽しく過ごすためにはどうすればいいのかをご紹介致します!

打ちっぱなしとは…

打ちっぱなしは、場所によっての仕様の違いや料金の違いがあります。
一般的な「打ちっぱなし」をイメージして、いざ出向くと「あれ…イメージと違う…」と経験した方も少なくはありません。

ここでは、あまり他サイトでは紹介されていない練習場の仕様の違いと料金の違いを紹介するとともに、打ちっぱなしデビューをする際に多くの人が悩む”行く時に必要なアイテム”を紹介します!

屋外と屋内の2種類がある

打ちっぱなしは大きく分けて【屋外】と【屋内】の2種類あります。
そして、その中でも種類が分かれています。

基本的にやることは一緒ですが、ここでは打ちっぱなしにはどんな種類があるのかを紹介致します。
自分に合っている練習場を探す参考にしていただければと思います!

まず、屋外ですが主に練習場によって異なるのは下記の通りです。

  • 階数
    →練習場によって、2階建てや3階建ての場合があります。上層階は、どのくらい飛んだかが正確に測れないので上級者は1階席で行うことが多いです。初めてで高いところが怖くないのであれば上層階が伸び伸びやるのも気楽で良いでしょう。

  • →ボールを打ち出す方向には芝があり、練習場によって人工か天然かの違いがあります。実際に打った時にどのくらいバウンドして転がるのか分かりやすいのは天然芝なので参考にしてください。
  • ボールをセットする方法
    →ボールを打った後に、定位置に自動にセットしてくれる機械が備わっている練習場があったりします。ない場合は、ボールを打った後にクラブや手を使って自分でボールを設置します。

続いて屋内で練習場に異なる内容は下記の通りです。

  • ボールを打つ的
    →よく他スポーツでも使用されてる中心が赤い的を使われている練習場がほとんどですが、近年ではどのくらい飛んだかがある程度分かるように”バーチャル的”になっている練習場もあります。ボールを打つと、画面の中にボールが出現しどのくらい飛んだかが計測できます。
  • 打席
    →半個室と完全個室の2パターンがあります。完全個室の打席はレッスンに使われていることが多いです。

一般的に知られている打ちっぱなしは屋外タイプですが、近年で都市化が進み屋外打ちっぱなしを作るだけどスペースが無くなり屋外練習場は昔に比べると減ってきました。そこで、増えてきたのが屋内練習場です。

それぞれでメリットやデメリットが違うので、簡単にそれぞれのメリットとデメリットを紹介します。

  • 屋外
    《メリット》どの位飛んだかや弾道が分かるので修正がしやすい・伸び伸び打つことができ気持ち良い
    《デメリット》天候や風の強さによっては打つクラブを制限される
  • 屋内
    《メリット》天候に左右されずにいつでも練習ができる
    《デメリット》どのくらい飛んだかと弾道が分からないので正しく打てているのかが判断できない

以上となります。いかがでしょうか?
それぞれに良さがあるので、天候や気分によって行く場所を変更しても面白そうですね。
ただ、初めての打ちっぱなしは正しいスイングを身につけるために屋外にいくことをオススメします!

料金は入場料とボール使用料のみ

打ちっぱなしの料金ですが、【入場料(施設利用料)+ボール使用料】で構成されています。
”ボール使用料”は、1球◯円の場合もあれば打ち放題料金の場合もあります。

また、時間帯や座席によって料金に違いが出てくる場合もあります。
例えば…

  • ナイター料金→夜に練習に行くと別途かかります。
  • 1階席料金→ゴルフ場によっては上階席よりも割高になる場合があります。
  • 土日祝料金→年末年始・GW・お盆も含めて割高になる場合があります。

混雑具合によって、座席利用時間があったりするゴルフ場もありますが、多くのゴルフ場は打ち放題以外は時間に縛りはなく居ようと思えば1日いることもできます。
その為か、休日に親子や恋人と来て練習する人も少なくはありません。

手ぶらで行っても大丈夫

実際に行くとなった時に「何を持っていったら良いの?」と迷うと思います。
「クラブとかゴルフウェアとかないけど揃えなきゃいけないの?」とハードルが高いなぁと感じてしまいましたか?ご安心ください♪

実は、打ちっぱなしはあなたが思っているよりも遥かに気軽にいける場所です。
実際に打ちっぱなしを始める時に購入するものは、手を保護するための「グローブ」のみです。

「ゴルフウェア」は、打ちっぱなし練習場では必要ありません。
動きやすい服装(ジャージやTシャツ)とスニーカーを来ていけば大丈夫です。芝の上からボールを打つわけではないので、ゴルフシューズも必要ありません。大丈夫だと思いますが、ヒールやサンダルでは練習をしないでくださいね!

「ゴルフクラブ」は、レンタルができます。
レンタルクラブは有料の場合もありますが、ほとんどの練習場が無料で貸出をしています。フルセット借りれるわけではなく、練習に必要な本数を2〜3本借りてください。オススメクラブは、【PW・7番アイアン・ドライバー】です。

先程必ず購入すべきものと紹介した「グローブ」ですが、初めて購入する時はネットではなくゴルフショップでの購入をオススメします。練習場でも購入ができます。
サイズが色々あり、ネットで買うと手の大きさとサイズが分かりません。ショップや練習場では試着ができますから、サイズを覚えるためにも最初はお店で購入するようにしてください。

打ちっぱなしの5つの手順

「いよいよ打ちっぱなしデビュー!」と気合を入れても、練習場に到着した時にどういう手順で打ちっぱなしを行うのか分からず戸惑うという方も少なくはありません。

分からないことがあればすぐにスタッフさんに聞くのが1番ですが、全く分からないまま聞くのと大まかな流れが分かった上で聞くのとでは理解できる範囲も心の余裕もちがいますよね…。

ここでは、そんな「打ちっぱなしいったらどうすればいいんだ!」とお悩みのあなたに一般的な打ちっぱなし練習場での入店〜退店までのステップを5つに分けて紹介致します。

フロントで受付

練習場の玄関を入るとすぐに、フロントがあります。

  • STEP.1
    ホテルのチェックイン時のように紙に氏名を記入します。
    練習場によっては会員登録が必要な場合もありますので、その際は基本情報を記入してください。
  • STEP.2
    自分が練習を行う打席を選択します。
    打席指定がない場合は、空いているところを自由に使用してできます。また、ゴルフクラブをレンタルしたい場合はこの時に伝えて借りたいクラブを選んでください。グローブを購入する場合もこの時に伝えてください。
  • STEP.3
    ボールの使用プランを選びます。
    ボールを何球使用するのか選択します。あとで球数を追加することも可能です。回数券の場合や打ち放題の場合もあるので、どんなプランがあるのか説明を聞きましょう。
  • STEP.4
    お会計をして受付終了です。
    入場料やボール使用料、グローブのお金を支払います。ほぼ全ての練習場が先払い制です。

打席を確認する

さぁいよいよ入場です。

チェックイン時に打席を指定した場合は、まず指定した打席に行きましょう。打席指定をしていない場合は、空いている打席の中から自由にで選択してください。隣の座席が空いているところが伸び伸びできますし、人の気配をあまり気にせず集中して練習できるのでオススメです。

あまりケースとしてないかもしれませんが指定した打席を変えたい時は、必ずもう一度フロントに行き変更したい旨を伝えましょう。

ボールの準備

ボールの準備に取り掛かります。

練習場のボールは、打席近くに設置してある自動販売機のような「ボール貸出機」からレンタルできます。ボール貸出機近くや打席に置いてあるカゴを貸出機の出口に置き、受付の時に受け取ったプリペイドカードやコインをいれます。(練習場によっては、座席にボール貸出が備わっている場合があります。)

カゴにボールを入れたら、打席に戻ります。
打つごとに自分でボールをセットする場合と自動でセットしてくれる機械が打席ごとに備わっている場合があり、練習場によって仕様は様々です。

機械が打席ごとに備わっている場合は、ボールを入れる場所からカゴのボールをザッといれスイッチをおします。自分でセットする場合は、仕切りがついたボールストック場みたいな箇所にボールをいれて1球ごとに手やクラブでボールをセットします。

ボールを打つ

ボールの準備が終わったら、いよいよボールを打ってみます。
購入したグローブを左手に付けて(左利きだったら右手に付ける)、レンタルクラブを1本持ちます。
まずは難しいことは考えずに、思い思いにボールを打ってみましょう!

できれば最初は比較的にボールを捕まえやすいPWというクラブで打ってみてください。半分の力で振るとボールに当たりやすくなるのでオススメです。

それでも空振りをしちゃう場合は、ボールが打たれるよりも早く顔を上げてしまい目をボールから離してしまっている可能性が高いです。
最後までボールを見ることを意識すると、空振りが少なくなります。

楽しいからといって打ち続けていると、脱水症状になったりバテてしまったりするので適度に水分補給をおこなって楽しんでください♪

フロントでチェックアウト

打ちっぱなしに満足した後は、次にその座席を使用する方の為にボールのカゴやグローブ・飲み物等のゴミを片付けます。灰皿が座席に備わっていて、座席でタバコを吸った場合はそのままにしておいて大丈夫です。

片付けが終わったら、フロントへ戻り借りていたクラブや打席の番号札を返却し退店します。
購入したグローブはそのまま次回も使いますので、持ち帰ります。

打ちっぱなしを楽しむための4つポイント

折角、打ちっぱなしに来たからには目一杯楽しみたいですよね。
最初はボールに当たらなかったとしても、打っていくうちに当たるようになってきて徐々に楽しめるようになってきます。

ここでは、ボールに当てるためコツと更に打ちっぱなしを楽しむためのポイントをご紹介致します。
ゴルフクラブの握り方や振り方に関してはコチラの記事に詳しく紹介しておりますので、参考にしてください。

1人でもスタッフがいるから安心

「初心者が1人でいっても大丈夫かなぁ…」と不安なあなた!大丈夫ですよ♪
打ちっぱなしに来ている8割の方は、1人で来ている人です。1人で来ている方に、もちろんベテランさんもいますが、初めての方ややり始めたばかりという方も多いです。

もちろん、打ちっぱなし経験のある友達と一緒にいけば不明点が出た時にすぐに教えてくれるので助かると思います。
しかし、1人で言ったとしても親切なスタッフさんがいるので不明点はスタッフさんに聞きましょう。

初めて行く人が多いからこそ、スタッフさんは丁寧に分かりやすく説明をしてくれます。
だから安心して身を任せてください♪

朝・昼に行くのがベスト

練習場にもテーマパークと同じで混雑時があります。金土日祝の夜が1番混み合います。
また、混み合う時間帯はゴルフ上級者な方が多くピリピリしていたりします…。きっと昼間のゴルフコースで上手く行かなかったんですね…。

もし、周りを気にせず伸び伸びと打ちっぱなしを楽しみたいのであれば朝・昼に練習場に向かうのが良いです。しかも、朝・昼のほうが割安です。

朝や昼に行くとマイペースにのんびりと練習を行っている方が多いです。ほぼ初心者の方・年配の方・親子で占めています。同じ時間に通い続けていると、他のお客さんと仲良くなったり…時には教えてくれるおじいちゃんもいます。人とのふれあいがとても温かく、中には仲良くなった人とコースに出かける方もいらっしゃいます。

ゴルフを始めたばかりでまだゴルフ仲間がいない…という方には朝・昼に行くことは良いこと尽くめです。余談ですが、体の消費カロリーも高くなるみたいですよ!
是非、時間の都合が合えば朝・昼に練習場に出かけてみてください。

最初はPWと7番アイアンで打つ

いざ打ちっぱなしを開始しても、「あれ?当たらない…」と空振りばかり…。
空振りが続くと、「全然おもしろくない!!!!!」ってなってしまいますよね。
クラブの握り方や振り方を事前にネットで検索して勉強していても、最初から上手くできる人はいません。

最初の時の空振りは、クラブに体がついていかず振り負けたりクラブの長さの距離感が分からない為に起きてしまいます。
そんな時は、クラブをPWに替えてハーフスイング(50%くらいの振り幅)から始めてください。

PWのハーフスイングで、ボールが当たってきたら徐々に振り幅を広げていってフルスイングまで目指します。フルスイングでもボールが当たるようになったら、7番アイアンに替えて、同じようにハーフスイングからうち始めてください。

ボールがしっかり当たるようになってくれば、どのクラブもしっかりボールに当てて打つことができますよ!
まずはPWから…お試しください♪

都内のオススメ場所へ行く

東京には、更に楽しく打ちっぱなしができる練習場所が沢山あります。
その中でもオススメの場所を3つご紹介致します♪

◆アクティブAKIBAゴルフガーデン

この練習場の最も素晴らしいポイントは「スイング解析モニター」が全打席に導入されていることです。

その場で、自分のスイングを撮影+チェックができ、プロのスイングと比較もできます。
もし、早い上達を目指すならこちらがオススメ!駅から近いのもうれしいですね。

【公式サイト】
http://akiba.golf-active.jp/

【営業時間】
10:30〜23:00(最終入場22:25)

【アクセス】
〒101-0028 東京都千代田区神田花岡町1-1 ヨドバシAKIBA9階
JR山手線他「秋葉原駅」より徒歩1分

◆トーキョージャンボゴルフセンター

24時間営業なので、深夜友達と遊びながら打ちっぱなしを行う人も多いです。
施設内では、パター練習場やバンカー&アプローチ練習場なども完備されています。

また、お洒落なレストランとカフェがあります。
レストランでは、茨城県の岩井牧場産の豚肉を使用した料理が人気です♪

【公式サイト】
http://tokyo-jumbo.co.jp/

【営業時間】
24時間営業

【アクセス】
〒121-0836 東京都足立区入谷9丁目26−1
JR京浜東北線 「川口駅」東口よりタクシー15分
東武スカイツリーライン 「竹ノ塚駅」西口よりタクシー15分

◆青梅リバーサイドパーク

丸1日遊べるテーマパークのような練習場です。デートで使用される方も多いです。
打席がすごく広々としていて大きなソファまであります。高級感がすごいです。

施設内は、レストランはもちろんショートコースまであります。なんとフットサル場まで!
シャワー室も完備されているので、汗を洗い流して帰宅ができるのもうれしいです。

【公式サイト】
http://www.riverside-park.co.jp/

【営業時間】
月〜土・祝日前8:00-22:00
日・祝・連休最終日8:00-21:00

【アクセス】
〒198-0051 東京都青梅市友田町1-973-2
JR青梅線「小作駅」から無料送迎バスあり

いかがでしたでしょうか?
紹介した場所以外にも楽しくできる場所はいくつもあります。もちろん都内以外にも!
湖に向かって打てる”水上ゴルフ練習場”というのもあるみたいですよ!色々な練習場巡りしてみたいですね♪

覚えておきたい3つのマナー

ゴルフは昔、「紳士淑女の嗜み」と呼ばれていました。
その名の通り、ゴルフは他のスポーツにはあまり見られないマナーやエチケットがいくつもあります。

主にマナーやエチケットを気にするべきなのはゴルフコースに行った際となりますが、練習場も多くの方が出入りする場所なので必要最低限のマナーはあります。ここでは練習場についての守るべきマナーを紹介します。

絶対守るべきマナーは大きくわけて3つです。

周りに迷惑をかけない

一般常識として当たり前のことですが、迷惑行為は絶対にしてはいけません。
初めて打ちっぱなしに行く方がやってしまいがちな迷惑行為は下記のような行動です。

  • 座席以外で素振りをする
  • 携帯電話の着信をマナーモードにしない
  • 大きな声で電話をしてしまう
  • 友達と盛り上がりすぎてしまう

以上の行為は、練習場に限らず公共の場では非常に迷惑になる行為ですね。
周りの人が楽しく打ちっぱなしを楽しめるように、周りの方を思いやりながら過ごしてください。

打席より前に絶対出ない

もしボールを打っている最中に自分の私物やクラブのヘッドが取れて飛んでいってしまったら、あなたならどうしますか?初めての方は焦ってしまい、自分で取りに行ってしまいボールを打ち込まれて怪我をしてしまった…という方もいらっしゃいます。

例えば、電車がもうすぐ到着するのに「ホームに落とし物をしてしまったから取りに行く!」という方はいますか?いませんよね。打席よりも前に出る行為は、その位危ない行為なのです。

怪我で済めば良いですが、放たれたボールは硬い上にスピードも出るので体へのダメージは計り知れません。場合によっては命を落とすでしょう。

どんな状況においても、決して打席の前には出ずスタッフさんを呼んで対処をしてもらうようにしましょう。

おしぼりでクラブを拭かない

練習場では、おしぼりが用意されています。

練習をしていると、クラブヘッドに人工芝の塵が付く場合があります。
それを取るために、おしぼりを使用するのは絶対にやめてください。

おしぼりは汗や手を拭くために用意されています。
クラブを拭く場合は、自分が持ってきたタオルを使用してください。練習場によっては、クラブを掃除するための流し台とタオルが備わっている場合もありますので、練習場に流し台があった場合はそちらを利用してください。

まとめ

今回は、初めての打ちっぱなしを心ゆくまで楽しむためのポイントをご紹介いたしましたがいかがでしたでしょうか?
ひとえに打ちっぱなしといっても様々な種類や楽しみ方があり、とっても奥深いです。

現在は、初めての方が楽しみやすいよう練習場も工夫をこらしています。
お気に入りの練習場を見つけて常連になるのも良いですが、たまには遠くの練習場に出かけてみるのも継続して楽しめるコツです。

みなさんが楽しんでゴルフ活動をできますように♪